最新記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事一覧

読み込み中


カテゴリ「スポンサー広告」の記事一覧

yumコマンドでアップデート先(リポジトリ)を変更する方法

yumコマンドでアップデート先(リポジトリ)を変更する方法について記載します。

アップデートするサーバを日本にすればかなりアップデートが早くなります。


または、アップデート先を自動検出してくれる、「yum-fastestmirror」パッケージをインストールしてもよいでしょう。

CentOSの場合には「/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo」を修正します。

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
[base]
name=CentOS-$releasever - Base
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/  
# デフォルトのリポジトリ
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/  # リポジトリを追加します。
gpgcheck=1


#released updates
[update]
name=CentOS-$releasever - Updates
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/updates/$basearch/
gpgcheck=1

 

ちなみに先の「yum-fastmirror」は通信の早いミラーホストを探してくれるモジュールです。

 

以上。

スポンサーサイト

関連記事一覧

読み込み中

タグ : yum Linux


カテゴリ「Linux」の記事一覧

前の記事≫yumコマンドでアップデートが失敗する場合の対処方法
次の記事≫yumコマンドでアップデートしないパッケージを指定する。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。