最新記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事一覧

読み込み中


カテゴリ「スポンサー広告」の記事一覧

yumコマンドでプロキシサーバを利用する方法

yumコマンドでプロキシサーバを利用する方法を記載します。

/etc/yum.confを修正します。

# vi /etc/yum.conf
[main]
cachedir=/var/cache/yum
keepcache=1
debuglevel=2
logfile=/var/log/yum.log
pkgpolicy=newest
distroverpkg=redhat-release
tolerant=1
exactarch=1
obsoletes=1
gpgcheck=1 # gpgのチェックを指定している
plugins=1
metadata_expire=1800
proxy=http://proxy.hogehoge.com:80 # プロキシサーバを指定します。

 

または、linuxの環境変数にプロキシサーバを設定しても大丈夫です。

# export HTTP_PROXY=http://proxy.hogehoge.om:80 ← プロキシサーバを指定します。
# printenv ← 確認用

 

以上。

スポンサーサイト

関連記事一覧

読み込み中

タグ : yum Linux


カテゴリ「Linux」の記事一覧

前の記事≫yumコマンドでアップデートしないパッケージを指定する。
次の記事≫yumコマンドの使用方法


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。