最新記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事一覧

読み込み中


カテゴリ「スポンサー広告」の記事一覧

URI::EscapeでURI(URL)エンコード、デコードをする

URI::Escapeモジュールを使用することで、
perlプログラムにて簡単にURI(URL)エンコード・デコード
(またはURI(URL)エスケープ・アンエスケープ)が可能となります。

#!/usr/bin/perl -w
use strict;
use URI::Escape;

my $string = 'エンコードのテスト; # 対象文字列

my $encode = URI::Escape::uri_escape($string ); # エンコード
print $encode , "\n";

my $decode = URI::Escape::uri_unescape($encode); # デコード
print $decode, "\n";

 

実行結果は以下、

$ perl test.pl
%A5%A8%A5%F3%A5%B3%A1%BC%A5%C9%A4%CE%A5%C6%A5%B9%A5%C8 # エンコード後の文字列
エンコードのテスト # それをデコードして元に戻している

 

packとかunpackを使うよりも簡単です。

 

以上。

スポンサーサイト

関連記事一覧

読み込み中

タグ : perl


カテゴリ「perl」の記事一覧

前の記事≫perlモジュールの一覧を取得する方法
次の記事≫Config::Simpleで設定ファイルを管理する方法


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。