最新記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事一覧

読み込み中


カテゴリ「スポンサー広告」の記事一覧

Config::Simpleで設定ファイルを管理する方法<

Config::Simpleモジュールを利用する事で、効率的なコンフィグファイルの管理を行えます。

 

設定ファイル(./conf/db.cfg):

[db]
mame = userdb
passwd = passwd-username

[list]
users = user1,user2,user3,user4,user5,user6,user7

 

プログラム側:

#!/usr/bin/perl -w
use strict;
use Config::Simple;

# Configファイルの読み込み
my $cfg = new Config::Simple('./conf/db.conf');

# 値を呼び出すには...
print $cfg->param('db.mame'); # userdb
print $cfg->param('db.passwd'); # passwd-username

# 配列・リスト形式で呼び出すには...
my @lists = $cfg->param('list.users');
while my $user (@lists){
 print "$user\n";
}

 

以上。

スポンサーサイト

関連記事一覧

読み込み中

タグ : perl


カテゴリ「perl」の記事一覧

前の記事≫URI::EscapeでURI(URL)エンコード、デコードをする
次の記事≫Net::FTPを利用して、perlでファイルをダウンロード及び、アップロードする方法


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。